安心の水を飲む

赤ちゃんにも安心な水への取り組みについて

親子

乳幼児にのませる水は、母親なら安全であってほしいと願うのは当たり前です。 それでは赤ちゃんに安全な水を飲ませるにはどうすればいいのでしょうか。 産まれてすぐの赤ちゃんが口にするのは、母乳もしくは粉ミルクです。その粉ミルクをとく水が安全でなければいけません。 まずあげられるのがウォーターサーバーの購入です。ウォーターサーバーを扱う会社では赤ちゃんの粉ミルクに、とうたっているところも数多くあります。 その他に、赤ちゃん用品を扱う店や、薬局に売っているペットボトルに入った赤ちゃんの水というものです。これは、粉ミルクを作るときに、哺乳瓶の中にいれた粉ミルクを湯で溶いた後に湯冷ましとして入れるものです。 どちらも赤ちゃん専用としてうたわれています。

どんなひとが使用するのでしょうか

赤ちゃんの水を扱うのはどんな人でしょうか。 それはもちろん乳幼児のいる家庭、病院特に産婦人科や小児科、赤ちゃんを預かる施設などがあげられます。 以前は、粉ミルクを使用する際は、煮沸した水を使用するのが普通でしたが、今ではウォーターサーバーやペットボトルの水が主流になっています。安全で、かつ便利なものが多く使われるようになってきているからです。ペットボトルの赤ちゃん用の水は、お出かけの際にはとても便利で、出先で粉ミルクを作る場合に、簡単にさます時間も必要なくすぐに与えることができます。ウォーターサーバーもコックをひねれば、簡単に安全な熱い湯と冷たい水を使用することができます。安全と便利さでこういうものを使う人が増えているのです。